MENU

月刊小学ポピーの答えをなくした場合の対策

教材にまつわる本質については、ポピーの場合、教科書別のワークやテスト、定期テスト対策予想問題、覚えるモードなど全て再度購入をすることになっています。ですから、特に答えをなくした場合については再度購入をする必要がありますので注意が必要です。
しかしながら、ポピーの内容そのものが中学受験の問題ではなく小学校の教科書に準拠したレベルですからご両親でも簡単に答えを導き出すことができると思います。しかしながら解説がないがため、子供にどのように伝えれば良いのかを迷うことがあるかもしれません。 
上記のことを踏まえて、答えをなくした場合の対策を行うために実際に教材が届いたらすぐにお子様の手元から答えと手引きは分け、ご両親が保管することをお勧めしたいと思います。
答えだけではなく、特に重要になるのが手引きです。教科書に準拠した内容とは言え、お子さんが回答に苦慮した場合、または質問をしたい場合に手引きが非常に重要になるからです。前述の通りポピーの内容は教科書に準拠しているために親御さんが簡単に回答を導き出す事は可能ですが、ポイントとしては通常の中心教育とは違いご家庭でどのようにご両親が教えてあげることができるか、ここに尽きるからです。
しかしながら、そもそもの料金が安いこともあり、回答と手引きを取りをするだけでもそれほどのコストにはならないのでどうしてもと言う場合には取り寄せても良いのかもしれません。 
答えよりも手引きに関しては学習のポイントや、次回から失敗を犯さないためのコツなども記載されていますので、お子さんが利用するにせよ、ご両親がアドバイスをするにせよ非常にヒントとなる内容が記載されています。
それだけに、答えをなくした場合、手引きをなくした場合についてはお子さんの理解度を確認した上、対応を考えるべきではないかと思います。結果的にポピーの教材をより有効にお子様のために生かすためのツールとなりますので。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする