MENU

家庭での学習スタイル体験談「鉛筆はなかなか持ってくれないけどタブレットでならゲーム感覚で!」

勉強をしてくれないときあなたは何と言ってあげますか?学年も教えてください


新3年生の男の子です。ゲームとYouTubeが好きで、放っておくと夢中で長時間使用しています。我が家では平日は「ゲームするなら勉強(宿題も含む)やってからね!」と言っています。休日はさらに時間が増えるので「音読とドリルをやってからね」と付け加えています。

一番の悩みは何でしたか?


勉強する習慣が身につかないこと。放っておくと何時間でもゲームやタブレットにしがみついてしまいます。勉強というタスクを終わらせれば、好きなことをやって良いのに、親が言わないと勉強に向かわないので困ってしまいます。

家庭ではどんな勉強をしていますか?教科も教えてください


通信教材のタブレットをやっています。問題集と選べたのですが、タブレットでないと習慣が身につかないと思ったのでゲーム感覚でできるツールを選びました。低学年は算数、国語はマストでやっています。時々英語やプログラミングなどゲーム感覚でできるコーナーもありますが、やるやらないは本人に任せていました。

今の勉強のスタイルに満足していますか?


問題集を鉛筆を持って解かせる、書かせるということをやらせたかったのですが、嫌でやらなくなってしまったら本末転倒なので、今はタブレットで納得しています。勉強に向かわせるさまざまなイベントもあるので、依然として声かけしないとやらないのですが、やりたくないということはないようです。

成績が上がったタイミングはどんな時でしたか? 何かを変えたのですか?


通新教材は幼児期から継続して続けています。小学校入学を機に退会も考えたのですが、タブレット端末に切り替えてみて継続しすることにしました。まだ小学低学年なので成績の上下はありませんが、授業にはついていけているようです。また、コロナで学校の開校が遅れたり、転校もしたので、不測事態に非常に助かりました。

成績が良くなかった時と比べて何か良いことが起こりましたか?


幼児期の教材は、そんなに夢中になってやるというモチベーションではなかったのですが、タブレットになって勉強へのハードルが下がったようです。タブレットなら機材一つで管理でき、問題集のように何冊も管理しなければならないという親の手間も減りました。管理ということで子供との言い合いもなくなり、スッキリしています。ツールの合う合わないはその子によって違うので、選べるというのはありがたいなと感じています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする